お客様本位の業務運営に関する基本方針Basic policy on customer-oriented business operations

清水建設不動産投資顧問株式会社(以下、「当社」といいます。)は、2017年3月30日に金融庁より公表された「顧客本位の業務運営に関する原則」(その後の改正を含む。)を受け、以下のとおりその取組方針を定めます。

第1 お客様本位の業務運営に関する方針の策定・公表等

当社は、親会社である清水建設株式会社の社是である道徳と経済の合一を旨とする「論語と算盤」に基づき、お客様本位の業務運営を実現するための方針を策定・公表するとともに、その取組状況を定期的に公表します。当該方針は、より良い業務運営を実現するため、定期的に見直すものとします。

第2 お客様の最善利益の追求

当社は、金融事業者として高度の専門性と職業倫理を保持し、お客様に対して誠実・公正に業務を行い、お客様の最善の利益を図ります。
また、当社では、こうした業務運営が企業文化として定着するよう努めます。

第3 利益相反の適切な管理

当社は、取引におけるお客様との利益相反の可能性について正確に把握し、利益相反の可能性がある場合には、法令・社内規程等に則り、コンプライアンス・オフィサーの事前検証、外部委員も含めたコンプライアンス委員会での事前審議等を行うことにより、適切に管理します。

第4 手数料等の明確化

当社は、資産運用業務を受託する清水建設プライベートリート投資法人(以下、「本投資法人」といいます。)より受け取る運用報酬の詳細について、どのようなサービスの対価に関するものかを含め、お客様が理解できるよう情報提供します。

第5 重要な情報の分かりやすい提供

当社は、お客様との情報の非対称性があることを踏まえ、当社及び本投資法人に係る重要な情報をお客様が理解できるよう分かりやすく提供します。

第6 お客様にふさわしいサービスの提供

当社は、お客様のニーズ等を把握することに努め、お客様のニーズ等を意識した資産運用を行います。

第7 役職員等に対する適切な動機づけの枠組み等

当社は、お客様の最善の利益を追求するための行動、利益相反の適切な管理等を徹底するためにコンプライアンス評価を役職員等の能力・業績の評価指標の一つとします。
また、全役職員等を対象に定期的かつ継続的にコンプライアンス研修を実施し、コンプライアンス意識の向上を図ります。

取組状況CURRENT STATUS OF INITIATIVES

第1 お客様の最善利益の追求

第2 利益相反の適切な管理

第3 手数料等の明確化

第4 重要な情報の分かりやすい提供

第5 お客様にふさわしいサービスの提供

第6 役職員等に対する適切な動機づけの枠組み等

2023年5月更新